通販サイトの作り方

もっと良くなるはずな通販サイトたち

こんにちは、通販サイトキュレーターの通販サイトさがそです。

あまり読んでいる方も多くないだろうこんなサイトのこんな記事を開いてくださってありがとうございます。

これまで約2,000くらいの通販サイトを見て来て、その中でも運営がちゃんとできる作りこみがしてある800サイトくらいをキュレーションしてきましたが、通販サイト作りというのはまだまだ奥が深く、こうすればうまく行くという絶対的なパターンのようなものは見えて来ません。あるいはそんなものは存在しないのかもしれません。

2,000くらいのサイトを見て、800サイトしかキュレートできていないという事は、残る1,800はキュレートしていないという事です。そして、その理由はそれら1,800ものサイトがきちんと運営できる基盤が出来ていないと感じるからなのです。もちろん、私の見る限りであり、私の方が間違っているのかもしれないのです。しかし、私は理由があってそれらのサイトがうまく行っていないだろうと想像するのであり、あながち見当外れではないと思っています。

しかし、これら1,800の通販サイトが、もっと通販サイトの作り方の基本を知っていたら、こんなサイトにはなっていなかっただろうと思うのです。そして、世の中にはそうした基本を解説した書籍はいくらでも流通しているではないですか。

なぜ、通販サイトの多くが、通販サイトの作り方の基本を踏まえずにサイトを作るんでしょうか?

間違った通販サイトの作り方

世の通販サイト本は、実は正しい通販サイトの作り方を1つか2つ解説したにすぎないものが多いのですが、これは必ずしもみんなの役に立つというわけには行かないのです。例えば業界が違えばマーケットが違ってきます。あるいは商品が変わるだけでもマーケットは変わります。ターゲットとなるマーケットが、互いに異なる2つのサイトが同じ作り方でうまく行くはずが無いのです。そういう意味でひとつの通販サイトの作り方を紹介したものを読んでみても役に立たないかもしれないのです。

一方で、通販サイトで犯しがちな失敗というものは、意外に役に立ちます。それはおしなべて失敗の原因というものが、成功の原因というものに比べて特定しやすいためと、普遍性を持っている事が多いためだと考えています。

さすがに失敗例ばかりを並べてこれに学ぶという事は角が立つので出来ませんが、なるべく多くの失敗例とその失敗理由を挙げて、通販サイトさがそが考える通販サイトの作り方をご紹介することで、これから通販サイトを作ろうという方のお役に立てれば良いと思います。

最後に通販サイトさがそは固有名詞ですが、個人の名前ではありません。しかし、ほとんど一人で運用しておりますのでほとんど個人の名前に近いということで、今後、良い名前が出来るまで、通販サイトさがそを名乗らせていただきますね。

通販サイトさがそはまだまだ勉強中の身です。ここに書いてあることが通販サイトの全てを解説していると申し上げるつもりはありません。ご意見や、皆様の経験についてもお知らせいただければ、記事に盛り込んで参りたいと思っておりますので、ぜひ、お気軽にご参加ください。

menu