信念

信念は、あなたが迷ったり、失敗に直面した時にあなたを救ってくれるものです。

willpower通販サイトキュレーターの通販サイトさがそです。

通販サイトの事をお話しするに当たって何から始めるべきか迷いました。この記事は原則としてネット通販未経験の方向けに書くものなので「信念」ということから始めたいと思います。精神論は具体的な訳には立たない代物と言われるかもしれませんが、多くの成功者に共通しているのは「信念」というべきものを持って、それを貫いた点と考えると軽くは扱えないと思いませんか。

特に大事に関わることについては効率を捨てて、思い詰めても良いと思います。成功した通販サイトの例を見ると、それを感じることが多々あります。

信念とはどうやって培うものなのか? 正解はありませんが、例えば、綿密な計画を立てる過程でビジネスを深く理解することによって培われたり、ビジネスを発起するに至るまでに直面した様々な悩みの深さが強い信念になっていたりするようです。信念を固めることで、常に高い次元で物事を割り切ることが出来るようになる点もサイトの責任者としては見逃せない点です。

楽観的に、慎重に

通販サイトを立ち上げるに当たって、出来る限り楽観的になることをお勧めします。しかし、それと同様に、失敗に備えることもお勧めします。

新規事業の立ち上げに必要なものとして、信念を上げる人は多いです。ただ、それがどの程度理解されているかは非常に疑問があります。通販サイトの立ち上げも、やはり信念を持つことが大切です。

毎年多くの事業が企画されているようですが、実際の事業の立ち上げにすら至らずに消えてしまうものも多いようです。しかし、事業を立ち上げるという事は実際にも大変なことなのです。社内でもまれてやっと承認にこぎつけたような新規事業も、多くは失敗して消えて行きます。しかし、失敗にもめげずに推進して行く熱意とか、信念といったものが新規事業には必要なもののようです。何といっても人間は、成功よりも失敗からこそ多くの事を学ぶのですから。

信念の作り方

信念とは一体どうやって作って行くものなのか。先にいくつかの例を挙げましたが、実は定説の無い状態で、立志伝中の人物たちがいかにして信念を持ちえたかといった話も、同じことを真似して信念を得ることが出来るわけではないという点ではみな共通して役立たずです。

信念とは決して方法論でありません。あなたが新しい通販サイトを作り、成功に導こうとするのであれば、成功の道筋を計画するだけでは不十分で、そこには確固たる信念が必要です。

かの松下幸之助氏がこんなことをおっしゃっていたのが記録に残っています「(略)一生は冒険ですから、敢えて我々はその冒険に挑んでいるのです。必ず成功すると思う事は構わないし、そう思わなければできません。しかし、実際にそれを成り立たせるのは、自分の志と努力が半分、後の半分は外部の力です(略)」

通販サイトを作るというあなたの冒険は、多くの前例に照らし合わせてみれば、かなりの確率で失敗するのです。しかし、その失敗に何事かを学んで、再起するかどうかはあなたに信念があるかどうかにかかっています。がっかりしましたか?

お詫びに、信念の効用もたくさんあるという事にも触れておきます。
・信念があり、それが人々に伝わってさえいれば、失敗に直面したあなたを支えてくれる人がきっと出てくるはずです。
・信念があれば、仮に多少の困難に直面したとしても、それを乗り越えなければいけないという使命感の元に進むことができます。
・信念があれば、仮にあなたの敬愛する人があなたの行動に反対したとしても、志した道を真っ直ぐに進むことが出来ます。

例えば、下のスピーチは「何を売るのか」ではなく「何故売るのか」が人の心に訴えかけるのだと説いています。

あなたが通販サイトを立ち上げる動機は、最も近しい友人や知人に胸を張って話せるような事でしょうか?あるいはそうでないならば、そうした動機を見出せるようなビジネスでしょうか? いずれかの問いにYesと答えられるなら、その動機をよりどころとして信念を確立することが出来るはずです。

通販サイトを立ち上げるに当たって、出来る限り楽観的になることをお勧めはします。悲観的になっては一歩を踏み出すことが出来ず、その一歩を踏み出すことすらできずに潰えた事業は数多いのです。失敗を恐れずに一歩を踏み出すことは、慎重に振る舞うこととは比べ物にならないほど重要です。しかし、全てが楽観的な計画の通りに進むわけではないことも覚悟しておく必要があります。その覚悟は失敗に直面した時にあなたの力になってくれるはずです。